ホテル探しのコツ

旅行といえば、やはりおろそかにできないのが宿でしょう。観光がメインとはいえ、一日の疲れや日々のストレスをゆっくり癒やせる施設というのは、その質次第で旅全体の満足度すら左右するほどです。金沢の場合は歴史的な街並みが多く残ることから、和風の旅館も少なくありません。ですが、優雅さ、ゴージャスさを意識するなら、やはりホテルがおすすめです。金沢ではどういった場所にホテルが多いのでしょうか。

移動の便に適しており、また周辺でも観光スポットが多いことから、やはり中心地である金沢駅の周りに集中している印象です。鉄道で訪れるのであれば、下車後すぐのチェックインも可能となるため、便利に感じられることでしょう。またもう一箇所集中的に見られるのが、金沢城址の周囲です。ロケーションに適しており、また前述でもおすすめした金沢の象徴的なスポットである兼六園に近いことも理由のひとつでしょう。駅や金沢城址周辺に、ぜひ注目してみてください。

食事についても、大いに期待してください。加賀野菜のほか、えびやかに・ブリ・ノドグロといった高級な海産物、そして日本酒の産地としても有名です。ホテルといえば洋のイメージが強いかもしれませんが、季節に合わせて和洋それぞれ提供しているところも少なくありません。食事もまた、旅の満足度を決めるポイントのひとつです。しっかり下調べして、満足のいく旅になるようこだわりましょう。

<参照HP>金沢市ホテル:東急REIホテル

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金沢のおすすめ観光先

土地ならではのスポットが多く存在する金沢は、観光先についても充実しています。前述の武家屋敷跡もそのひとつですが、まだまだ多数存在します。金沢を語る上でまず欠かせないスポットといえば、兼六園が挙げられるでしょう。金沢といえば兼六園ともいえる知名度を誇っており、町を表す写真として使用されることもしばしばあります。金沢市兼六町に広がる日本庭園となっており、まさに日本らしい風景が広がっています。整備が行き届いており、各所とにかく美しいです。また、春夏秋冬四季折々の魅力が堪能できる点も特徴的です。緑の濃い爽やかな風景から、雪を冠した幻想的な冬の表情まで、いつ訪れても見ごたえが感じられます。金沢を訪れるなら、まず外せません。

その他にも、木造の歴史的な建造物が軒を連ねるひがし茶屋街や、世界的な芸術家の作品が見られる美術館、日本海の新鮮な海産物が豊富に売られている近江町市場など、目を引くスポットは多数点在しています。また全国的にも知られる観光地であるため旅行客向けの食事スポットやお土産店が多いことも魅力でしょう。歴史や芸術、そして食まで、余すところなく体感して欲しいです。魅力的なスポットが盛りだくさんなので、しっかり予定を立てて訪れてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金沢という町

金沢は、石川県の南部寄りに位置する県内有数の広さを誇る街です。県庁所在地となっており、総人口は約47万人に上ります。西部で日本海、そして東部では富山県に面しており、山海両方の魅力が詰まっています。加賀百万石の城下町として歴史的にも有名であり、町中では歴史に触れられるスポットが多数見受けられます。リフレッシュを目的とした旅はもちろんのこと、歴史探訪を趣味とする人にも大いに楽しめることでしょう。かつて藩士が実際に住んでいたといわれる武家屋敷跡はその代表的な例といえるでしょう。当時の雰囲気をそのまま残したような石畳の小道は、現在が21世紀であることを忘れさせるほどの趣を感じさせてくれます。

地名の由来は、古く金沢市郊外において、山芋を洗っていた人物が偶然砂金を見つけたことに由来するそうです。のちにその山芋を洗っていた沢が金洗いの沢と呼ばれるようになり、現在の金沢という地名に発展していったそうです。この沢は現在でも観光地として残されているので、町の成り立ちを感じられる場所として訪れてみても良いでしょう。

特徴的な産物としては、加賀の名を冠する野菜「加賀野菜」が有名です。主には、加賀れんこんや源助だいこん・加賀太きゅうり・金沢一本太ねぎなどが代表的です。気候や土壌に恵まれた土地で育つ野菜は、同じ種類でも一般的なものとまた一味違います。食についても、大いに期待できることでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金沢観光で寛ぐ

日本には、さまざまな名所が点在しています。めまぐるしい発展を遂げ続けると共に、昔ながらの雰囲気や歴史も残す日本人ならではの美徳に伴い、最先端と古きよき街並みがうまく融合を遂げています。日本、そして世界的に見ても有数の大都市東京に関しても、各所に歴史ある寺社仏閣やありのままの自然が残されていることからもそうした魅力は窺えます。こうした融合は日本ならではで、海外からやってくる外国人にも評判高い部分です。

もちろん、こうした特徴は日本人が国内旅行を楽しむ際にも魅力的となってくれます。同じ日本でありながらも、少しの移動でさまざまな魅力に触れられるため、気軽に充実感のある旅が楽しめるためです。人気の観光地をチェックして、しっかり予定を立てて訪れるともなれば、満足度はさらなるものでしょう。

今回特集したのは、中でも古きよき雰囲気が印象的である石川県は金沢市です。加賀藩の城下町として栄えた歴史を持つことにも関連し、歴史を魅力とするスポットが多数見受けられます。また、自然を活かしたスポットも少なくありません。都会に住む人としては、まさに癒やしやリフレッシュにぴったりといったところではないでしょうか。加えて、宿泊面にもこだわるとなお良いでしょう。旅の充実感は、訪れる観光先と共に、宿も重要になってきます。サービス面やロケーション、そして土地ならではの食に舌鼓が打てるなど、こだわっておいて損のない部分です。金沢だからこその魅力や訪れる際のポイントについて、ご紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket